痛風は食事改善が優先|尿酸値を減らす工夫をしよう

シニア

一生涯治らない

和食

痛風は、今やだれでもかかる病気です。症状としては、ほとんどが足の指の痛みにきます。痛みは、とても激しく耐えられないほどです。薬では、治す事が出来ません。プリン体を食べないようにする食事方法がいいのです。そして補助食品としてサプリメントが有効です。

Read More

正しい対処法を知ろう

夫婦

痛風は尿酸値が高いことが原因になるので、食事での改善が可能です。控えるべきなのがプリン体を含んだ食べ物です。アルコールやレバー、干物が有名です。逆に尿酸値を下げる効果がある食べ物は海藻類、イモ類、野菜、果物などになります。痛風は歩くこともできなくなる場合があるので、食事制限をして改善するべきです。

Read More

突然の激痛を回避する方法

ご飯

痛風は足指などの関節に突然激痛が起きる怖い病気です。普段の生活習慣を改善することで予防できますが、食事制限や運動を継続して行うのは難しいことです。そんな人の助けになるのが「アンセリン」という成分を含むサプリメントです。バランスのよい食事や運動と組み合わせることで効果が期待できるでしょう。

Read More

尿酸がもたらす病気とは

家族

プリン体と尿酸

尿酸が体の中に溜まると、それが結晶となって激しい関節痛を感じてしまうことがあります。そしてその症状は、痛風と呼ばれる病気です。痛風の原因となる尿酸は、どのような人でも体の中に一定量存在しており、普通は血液に溶けて体内に循環し、最後には適切に排泄されます。しかし尿酸値が上がると、尿酸の適切な排泄が出来なくなり、体に溜まってしまい痛風の原因となってしまいます。尿酸値の上がる原因は、飲酒が深く関係していると言われています。アルコール類には、尿酸の元となるプリン体という成分が含まれています。過度な飲酒を長期間続けることによってプリン体が体に蓄積し、尿酸値を上げてしまいます。また、ストレスや生活習慣なども影響しているため、過度な飲酒を控え、規則正しい生活を送ることが、痛風の最大の予防となります。

食生活の改善

痛風は、風が吹くだけでも痛い、ということからその名がつけられたほど痛みの激しい病気です。そのため痛風になってしまった場合は、適切な対策を取り完治を目指すことが重要となります。痛風を改善させる大きな要因は、食事です。上記の通り、痛風の最大の要因はプリン体です。プリン体を多く含むものはアルコール類だけではありません。レバーや魚卵、煮干し、エビなどにもプリン体は含まれています。食事をする際は、これらの食材を摂りすぎないように注意しましょう。また、水をたくさん飲むということも効果的です。食事に時に限らず、水をたくさん飲むようにすると尿の量が増え、尿酸を排泄することにつながります。また過度な脂質の摂取なども控え、肥満予防をすることも痛風の適切な対策の一つです。食事に気を付け、痛風の改善をはかりましょう。